主婦でも借りれるアコムカードローン※駅近くですぐ借りることができます!

主婦でも借りれるアコムカードローン※駅近くですぐ借りることができます!

アコムのカードローンは主婦の利用も可能か

>>《スマホ》から24時間OK!今すぐ借りたいならアコムで申込み!

カードローンを扱っている会社の一つがアコムです。 専用のカードを持っていれば自分のタイミングでお金を借りる事が出来るので、現在ではローンの一般的な形となっています。 ただ、アコム自体は消費者金融なので、貸金業法の下で営業しています。 その為、この金融機関を利用出来る人と利用できない人が出てくるので注意しましょう。

貸金業法では総量規制と言うルールを定めていますが、そこでは消費者金融を利用する時は年収の3分の1までの借入しか出来ないという事になっています。 勿論収入がある人は問題は有りませんが、無収入の人は残念ながら利用できないという事になってしまいます。

主婦の場合、パートやアルバイトなどをしていて安定した収入を得ている場合はアコムのカードローンを利用する事は可能です。 しかし専業主婦の場合は自身に収入がないため、配偶者がどれだけ収入を得ていたとしてもアコムなど消費者金融のカードローンを利用する事は出来ません。


リスト 【アコム】無人機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
アコム急ぎ借り入れ
アコム公式ページ

アコム無人契約機検索
即日融資を受けたいときのコツ

消費者金融 即日融資を受けたいときのコツに希望限度額を低くするがあります。 消費者金融は総量規制のために個人の方の借入総額は年収の3分の1を超えられないと制限されています。 このためきちんと安定した収入を得ているかどうか申込者に収入証明書類の提出を求めています。

この収入証明書類は源泉徴収票や所得証明書、納税通知書、確定申告書、給与明細書などです。 いずれか一点で構わないのですが希望限度額を低くしておけば提出不要にできます。 審査にかかる時間が短くなりそれだけ即日融資を受けやすくなります。

限度額50万円超を希望すると収入証明書類の提出が必要になるので、急ぎのときは50万円以下を希望されると良いです。 30万円ほどで希望されておくとさらに審査に受かりやすいです。

しかし希望限度額と他社の借入額の合計が100万円超の場合は収入証明書類の提出が求められます。 希望限度額を低くしても借入額によっては収入証明書類の提出が必要になるので借入額が多い方は注意が必要です。

キャッシングの限度額の決まり方

クレジットカードであれ、ローンカードを利用するタイプであれ、キャッシングを利用する場合は最初に限度額が決められます。 この限度額は利用申請の際の審査の上で決められることが多く、自分では決定する事ができませんし審査内容は会社によって違うので特定の基準があるというわけではありません。

一般論として、限度額まで借りたとして問題なく返済できるかどうか、という事を見られるとされているので収入が多いく過去に問題などを起こしていない方が限度額が高いと考えられます。

また利用を重ねていく内に、信用度が高まり限度額を増やせる場合がありますし、クレジットカードなどの場合冠婚葬祭など一時的な出費があると相談すると一時的に限度額を増やしてくれる会社も存在します。 ただこういった限度額の増額についても会社によって対応が違い、会社側が認めた人物のみ増額が許される会社や最初から増額は一切受け付けていないという会社などもあります。

キャッシングを申し込む方法

キャッシングを申し込みたい場合、その方法は何通りかあります。では、どのような方法があるでしょうか。 もっとも一般的なのは、昔からの店員さんのいる店舗に行って申し込むことです。この場合、店舗で申し込み書に必要事項を記入して審査してもらうことになります。何かわからない点や不安な点があれば、その場で直接、店員さんに尋ねることが出来るでしょう。

その他の方法としては、電話で申し込むことも出来ます。この方法は、店員さんと顔を合わせて話すのは苦手でも、直接会話したい場合に活用することが出来るでしょう。しかし、店舗の営業時間が決まっているのと同様、電話の受け付け時間も決まっていますので、その時間内に行う必要があります。 一方、こちらの都合のいい時間に申し込みたいなら、インターネットを利用することも出来ますが、当然、インターネット環境が整っていることが必要です。

また、申し込み書などを郵送することも一つの手段ですが、この方法は審査の結果がわかるまでに一番時間がかかりますので、急を要する場合にはふさわしくないでしょう。 さらに、大手の消費者金融は、いわゆる自動契約機を設置している無人の店舗を構えていますので、店員さんと顔を合わせずに自分の都合のいい時間に申し込みたいなら、この自動契約機を利用することが出来ます。 このように、申し込みの方法はいくつかありますので、自分にとって都合のいい方法を選ぶといいですね。